家族の心を育む住まい

studio icals

泥んこで帰れる家S_tei.html
大きなテーブルのある家M_tei.html
ホームwelcom.html
家族の心を育む住まい
新・東陽館toyokan.html
いろいろなデザインdesign.html
イカルスについてAboutMe.html
住まいのブログhttp://icals.blog.so-net.ne.jp/
趣味のブログhttp://room7.blog.so-net.ne.jp/
デザイン覚書http://www.geocities.jp/ppp_design/
地域の生活http://nagakusa.blog.so-net.ne.jp/
4世代で仲良く暮らす家T_tei.html
家族の気配を感じ合う家O_tei.html
メールを送信
家づくりをダウンロードhttp://home.interlink.or.jp/~icals-h/icals/catalogue/iedukuri.pdfhttp://home.interlink.or.jp/~icals-h/icals/catalogue/iedukuri.pdfhttp://old.icals.net/icals/catalogue/iedukuri.pdfshapeimage_15_link_0shapeimage_15_link_1
 
 

 このパネルは、2001年1月に、名古屋市民ギャラリーで開催された「20世紀の建築文化遺産展」の未来住宅提案として展示したものです。

私が、「未来住宅」というものを考えた時、最初にイメージしたのは、これからの家族の在り方でした。複雑な社会環境や生活状況をふまえた上で、それでも一つのまとまった家庭を営んでいくために、建築家としてよりも一人の父親として、頭によぎった様々なことを繋ぎあわせ、形にしていきました。

 畑があったり、物見塔があったり、大きなテーブルや味噌蔵があったり...これらのアイデアは、総ての家庭に当てはまるものではありません。ある意味一つの象徴的存在として受け止めていただけたらと思います。子供と一緒に汗を流して野菜を育てたり、家族で仰向けになって雲や星を眺めたり、それぞれの事をしていても家族が顔を向け合っていたり、家族共通の味覚を育んだり...といった具合にです。

 20世紀という時代は、効率化を追い求め過ぎて、こういった部分を切り捨ててきてしまいました。そして、そのことが人本来の在り方との間に大きなギャップを生じさせてしまい、家族や社会に深刻な問題を生み出しているようにも思います。

 自らの記憶の中で、彼方にいってしまった情景を呼び戻し、自分らしさや自分の家族らしさを育んでいける家づくりが、これから必要とされているのだと思います。

 

未来住宅提案