イカルスのデザイン

studio icals

メールを送信
住まいのブログhttp://icals.blog.so-net.ne.jp/
泥んこで帰れる家S_tei.html
大きなテーブルのある家M_tei.html
ホームwelcom.html
家族の心を育む住まいmirai.html
新・東陽館toyokan.html
いろいろなデザイン
イカルスについてAboutMe.html
趣味のブログhttp://room7.blog.so-net.ne.jp/
デザイン覚書http://www.geocities.jp/ppp_design/
地域の生活http://nagakusa.blog.so-net.ne.jp/
4世代で仲良く暮らす家T_tei.html
家族の気配を感じ合う家O_tei.html
家づくりをダウンロードhttp://home.interlink.or.jp/~icals-h/icals/catalogue/iedukuri.pdfhttp://home.interlink.or.jp/~icals-h/icals/catalogue/iedukuri.pdfhttp://old.icals.net/icals/catalogue/iedukuri.pdfshapeimage_15_link_0shapeimage_15_link_1
 
 

グラフィックデザイン、スペースデザイン、ランドスケープデザイン、建築デザイン、インテリアデザイン、ディスプレイデザイン、プロダクトデザイン...いろいろなデザインがあります。
どのデザインも、その目的は、単なる「物」を作り出すのではなく、「共有できる場」を生み出していくことのように思います。

人は、自分の気持ちを他人に伝えるために、「言葉」を用います。でもそれだけでは伝えることのできないもの(あるいは事)は、たくさんあります。例えば、自分が幼い頃遊んだ情景を、どうやって子供達に伝えたらいいんでしょう。そういう「場」があったらと思いませんか。

 心を共有するためには、少なくとも、同じような「場」を共通体験し、共通の感性を確認しあっていることが前提となるような気がします。

 

デザインに求められること